箸 市松

箸 市松|鎌倉漆工房いいざさ
箸 市松

市松模様は、途切れることなく続くことから、繁栄の意味が込められ、子孫繁栄や事業拡大などの縁起の良い模様として好まれています。その市松を彫刻で表現しました。 使い込むうちに、漆が透けていき、溜塗部分が変化していきます。



NEW 勝色(かちいろ)

勝色は、日本に古くからある紺色の一種で、鎌倉時代の武士が縁起の良い色として好んで使ったと言われる「勝色」を漆で表現しました。

勝色×溜塗
長さは約23cm、約21.5cmの2種類。



黒×溜塗

白×溜塗

朱乾口塗×溜塗

錫×溜塗

 

長さは約23cm、約21.5cmの2種類。



*箸市松は、〈 iichi 〉〈 creema 〉にも出品しています。